情報商材・教材評判検証レビュー

*

鎌倉ハム

ウィリアム・カーティス伝承 匠の技を守り続けて~鎌倉ハム石井商会の紹介
鎌倉ハムの歴史
■鎌倉ハム譚(ものがたり)■
明治7年、新橋-横浜間に開通した丘蒸気(鉄道)建設を指導した、英国人技師ウィリアム・カーティス氏により、鎌倉郡川上村に住む益田直蔵氏にハムの製法が伝授され、日本初のハムが作られました。
これが日本のハム製造の幕開けとなり、創業の地にあやかり「鎌倉ハム」と名付けられました。
昭和2年、益田直蔵氏より鎌倉ハム(株)石井商会の初代・石井嘉吉が製法と共に鎌倉ハムを受け継ぎ、現在の鎌倉ハム株式会社に至るまで3代にわたり頑固に伝統を守り、コツコツと昔ながらの製法で ハムを作り続けています。
自社工場では、当社の熟練した職人の手で丁寧に仕込をし、桜・樫・くぬぎを主体としたチップで 良質の材料を時間をかけてスモークすることで外側はぱりっと、中心部はしっとりとしてジューシーな、味・品質ともに自信を持ってご提供できる逸品ができあがります。
是非1度、本物の鎌倉ハムをご賞味いただき、大切な方へのご贈答に、ご自宅用にお役立てください。[店主謹白]

kamakura01
昭和32年頃の鎌倉ハム石井商会店舗前にて。

kakakura02
同じ頃の加工場の風景。

参考 鎌倉ハムについて [Wikipedia]より引用

鎌倉ハム(かまくらはむ)は食肉加工品であるハムのブランドの一つ。複数の業者が製造販売しており、「日本ハム」や「伊藤ハム」、「プリマハム」のような一企業に属する単独銘柄ではない。
【歴史】
1874年(明治7年)、イギリス人技師ウィリアム・カーティスが神奈川県鎌倉郡で畜産業を始め、横浜で外国人相手に販売を行う。1876年(明治10年)上柏尾村の戸塚街道に面した場所に観光ホテル「白馬亭」を開業。敷地内でハム・ソーセージや牛乳、バター、ケチャップなどの製造を行い、主に横浜居留地の外国人向けに販売した。この時点でカーティスは一切の製法を秘密にしており、日本人が工場へ立ち入ることを許さなかった。
1884年(明治17年)に起こった地震の際に工場が出火し、これを近隣住民が消火作業にあたったためその恩義に応えるべく、カーティスは益田直蔵らに製法を伝授。またカーティスの妻かねが奉公人時代に世話になっていた地元の名家・齋藤家の当主齋藤満平(「万三」説あり)にも製法を伝授した。
鎌倉郡発祥のハムなので「鎌倉ハム」と呼称するが、現在の鎌倉市域の発祥ではない。発祥地の現在の住居表示は横浜市戸塚区上柏尾町である。従って、観光地としての「鎌倉」の土産にはあたらず、また特産物でもない。だが名称から鎌倉の産品と見なされ「鎌倉」の土産や贈答品としても用いられている。
【主な業者】
鎌倉ハム(名古屋市) – 齋藤系
鎌倉ハム冨岡商会(鎌倉市) – 大船駅駅弁製造販売の大船軒と同根
鎌倉ハム(横浜市南区) – 益田系
鎌倉ハム村井商会(横浜市瀬谷区)
鎌倉ハムクラウン商会(横浜市磯子区)
鎌倉ハム鎌倉クラシコ(熊谷市)

公開日:
最終更新日:2014/02/24